JBA

最終順位Final Standings

■最終順位(男子) 
優勝 筑波大学 (61年ぶり2回目)
準優勝 東海大学
3位 大東文化大学
4位 拓殖大学
5位 国士舘大学
6位 明治大学
7位 近畿大学
8位 慶應義塾大学

■最終順位(女子) 
優勝 早稲田大学 (3年ぶり2回目)
準優勝 白鷗大学
3位 東京医療保健大学
4位 大阪体育大学
5位 大阪人間科学大学
6位 西南女学院大学
7位 筑波大学
8位 順天堂大学

※男女とも上位8チームは、2015年1月1日(木・祝)より開催される「東日本大震災復興支援 第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会」の出場権を獲得 

大会概要 PROFILE

大会名称 東日本大震災復興支援
第66回全日本大学バスケットボール選手権大会
主催 公益財団法人日本バスケットボール協会
全日本大学バスケットボール連盟
後援 文部科学省
朝日新聞社
三菱電機株式会社
特別協賛 三菱電機株式会社
協賛 株式会社モルテン
主管 関東大学バスケットボール連盟
関東大学女子バスケットボール連盟
期日 2014(H26)年11月24日(月・休)~30日(日)
会場 国立代々木競技場第二体育館(24日~30日)
墨田区総合体育館(25日・26日)
大田区総合体育館(24日~27日)
エスフォルタアリーナ八王子(28日・29日)
参加資格 (1)(公財)日本バスケットボール協会に加盟登録されたチームであること
(2)(公財)日本バスケットボール協会に競技者登録された選手であること
(3)本大会参加大学は、全日本大学バスケットボール連盟に登録料を添えて
  加盟登録したものの中から、各地区連盟より推薦された大学とする
(4)本大会参加大学は、チームスタッフ内に(公財)日本バスケットボール協会
  公認D級コーチ以上の資格を有する者を、1名以上登録しておくこと。
  2015年度(67回大会)より公認コーチはC級(C-1・C-2)以上とする。
参加チーム 男子32大学・女子32大学
(1) 前年度1位から4位までの地区学生連盟より1大学ずつの4大学を推薦
 [男子] 関東学連より4大学
 [女子] 関東女子学連より3大学、関西女子学連より1大学
(2) 開催地区の学生連盟より1大学を推薦
 [男子] 関東学連より1大学
 [女子] 関東女子学連より1大学
(3) 残り男子27大学、女子27大学の内訳は次の通り
 [男子]       [女子]
 北海道 :2    北海道 :2 
 東 北 :2    東 北 :2
 北信越 :2    北信越 :2
 関 東 :8    関 東 :7
 東 海 :3    東 海 :3
 関 西 :4    関 西 :5
 中国四国:3    中国四国:3
 九 州 :3    九 州 :3
競技方法 (1)トーナメント方式とする。3位決定戦および5位~8位決定戦を行う
  試合球については、本連盟指定球を使用
  (男子は12面体7号球・女子は12面体6号球)
(2)審判については1・2回戦までの試合および5位~8位決定戦は
 「ツー・パーソン・システム」で行い、準々決勝以後の試合は
 「スリー・パーソン・システム」で行う
大会公式サイト 全日本大学バスケットボール連盟
http://www.jubf.jp/

 

 

過去の記録 RECORD